会社案内 About us

ごあいさつ Greetings

総合防災コンサルティング及び設計・施工・保守点検で安全と安心を構築します。「変わり続けると」。「変わらずにいること」。

日立綜合防災株式会社
全役員、全社員、協力会社様、お取引先様

不易流行
※(ふえきりゅうこう)意味:いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを取り入れていくこと。

[序]
 昭和42年(西暦1967年)2月7日の会社創立以来、51年の月日が経過いたしました。我が国日本が昭和40年代の史上空前の好景気“いざなぎ景気”を迎えていた中、創業者瀬谷政雄により当会社が創立され、平成の御代となるのに合わせて二代目瀬谷利雄が社長に就任し、奇しくも平成の御代が終わりを告げるのを翌年に控えた本日、私が三代目社長を拝命させて頂くことになりました。私は、このことに大変大きな責任を自覚し、そしてその責任を我が人生を賭して全うする決意です。まずはこれまで当社に関わっていただきましたお客様、お取引先様、協力会社様、そして現在役員・社員である皆様、そしてご縁あって過去に役員・社員であった皆様おかれましては、過去当社の発展・事業継続に関わって頂きましたこと、その皆様のお力により今現在までこうしてつながってきているこの事実に対して、深く敬意を表し、心より感謝申し上げます。

[起](私たちの本の自覚、恩意識からの未来創造)
 私たちは昨年、有難いことに数奇な機会を頂き、会社創立50周年を迎えることができました。50年培われてきた日立綜合防災という会社・形が、多くのお客様・協力会社様・お取引先様のご協力無しには成り立たないことをみな実体験し体感しました。私たちそれぞれ一人の人間として、親祖先が無い人など誰一人としておりません。必ず人間2人の力が合一して「私」という一人の人間が生れてきて今ここに存在しております。私たちの本(もと)は「親祖先、家族」です。私たちはそれぞれ日立綜合防災株式会社の役員・社員として、今ここにいることができているのは、これまで会社をつないできて頂いた方々の不断の努力と継続があってこそであると、まずは一人ひとり自覚することが、この時代に生かされている私たちの責務ではないでしょうか。今改めて、私たちは一人ひとり自分自身の立ち位置を確認し、共に明るい未来を創造してまいりましょう。

[承](私たちのスタンス)
 さて私たちは、半世紀にわたるこれまでの蓄積を、どのように認識し、行動に移せば良いのでしょうか。ここまで蓄積されたものとは、何か。他社にはない長い時間をかけてきた蓄積=私たちの強みは、50年以上培ってきた「誠実実直さ」「きちんと仕事すること」「技術力」です。常にお客様と共に歩んできたことを忘れず、これを機会にそれを自覚して、その蓄積をまずは守り抜くことこそ、未来を切り拓く第一歩となります。今あることは継続する、継続しながらも時代・社会に対応して変化をとげていくこと。ひたむきに、着々と一歩一歩未来に歩みを進めて行く基礎・土台が当社にはあります。
 過去を肯定し、現在を肯定した上で、未来を創造する。これが、私たちが生かされている今現在をより良くし、未来の為に生きて行くための基本姿勢です。

[転](未来の為に変化する覚悟を持つ)
 しかし、今を守っているだけでは未来はありません。目の前にいらっしゃるお客様のニーズをしっかりつかみ、時代・社会に合わせて変化して、お客様とはお取引を継続させていただく、お取引先様ともお取引を継続させていただく。当社は、相手から求められる存在でなければなりません。今ここにいる私たちは、一人ひとり欠けることなく今現在の「日立綜合防災株式会社」を作っています。日立綜合防災の全役員・全社員、あなたの一挙手一投足が日々この会社を作っているのです。当社は、おのおの違う常識ではなく「良識」を持った人を育成し、お客様にその良識を持った人を提供してまいります。一人ひとりの日々の取り組みが変われば、周りが変わってくることを信じて、私は率先してその変化に挑戦し続け、皆さんをサポートしてまいります。お客様の声に耳を傾け、自分が取る次の行動は、みんなの為に・会社の仲間の為になるのか、なっているのか、を常に問いかけながら、常に自身のスタンスを良識を持って自覚し、家族の為、仲間の為、会社の為、お客様の為、地域の為、日本の為に共に仕事を進めてまいりましょう。

[結](進化し、深化する企業へ)
 100年企業に向けて、これからの50年は、今ここにいる私たちの手中にあります。未来を創るも創らないも私たちのこれからの行動次第です。今まで通り手抜きせず、きちんと、ただひたすらひたむきに、未来につなぎつなげるため、共に着実に歩みを進めてまいりましょう。進化から深化へ、次の50年の礎は今既にここにあり、より進化し深化させる土台もここにあり、これを生かすのは今現在ここにいる私たちです。強みを生かし、得意分野は今よりもっと磨き、お客様のニーズに対応した新しいものを貪欲に学び、共に知恵を出し合って地域に必要とされる会社を作ってまいりましょう。

[結びに]
 企業理念「私たちは、環境防災を通じて一人ひとりの安全から地球規模の安全を目指し、かけがえのない生命と限りある資源と財産を守ります。」
 理想は大きいけれども、そこに到達するためには日々着実に積み重ねることが必要です。今ここにいる私たちは大変恵まれています。先人たちが繋いできた50年のプラスの血を、私たち一人ひとりがしっかりと受け継ぎ、胡坐(あぐら)をかくことなく日々の積み重ねによって、より確実な未来を共に創ってまいりましょう。
Be Better(より良く)

 私たちは、運命共同体です。大きな樹木です。幹をどんどん太くし、枝葉をいっぱいに茂らせ、花を咲かせる勢いで個々が活躍し、今つながっているプラスの血を葉の葉脈の隅々まで行き渡らせ、地域の為に必要な樹木となりたい。樹木の果実で家族を養い、私たち一人ひとりの良い行動がその果実を大きくさせる源となります。皆力を合わせてより良い未来を創ってまいりましょう!

平成30年12月1日
代表取締役社長 瀬谷雄一

経営理念 Management philosophy

あああああああああああああああああああああああああああああああああ

☆企業理念=私たちは、「環境防災」をとおして、安全かつ安心で快適な地域の社会生活・企業活動の実現に貢献します。世界を普く照らす太陽=日輪の中に“S”を形どり、その“S”はそれぞれ7本の線で構成されている。
☆私たちの安全・安心に向けた業務・サービスが、世界中に普く行き渡り、世界中が安全・安心に満たされますように。
Sは、綜合=SougoのS、安全=Security・SafetyのS、
Sを構成する7本の線は、当社社員の行動基準7項目
1. 感謝の交換:私が行うことで、そこに「ありがとう」が生まれるか。
2. 心を動かす:私は、よりよい明日を創る為に、周囲の意欲を高めるコミュニケーションを行い、相手を引き起こし、一緒に全身しているか。
3. 周りを見る:私は、隣の人に「目配り」「気配り」「心配り」を常に行っているか。
4. 誠実・実直:私は、その仕事に関わっていると、胸を張って言えるか。
5. 探求・追求:私は、問題を深く探求し、課題を見つけることができるか。
6. 挑戦・研鑽:私は、自分の役割を果たす為に、必要な知識・技術を身に着けるよう取り組んでいるか。
7. 不屈の心体:私は、任された役割をやめずに、絶えず取り組み続けているか。
☆日輪=社員一人一人として、その中にある行動基準が上へ下へと普くお客様に対して発揮されている状態(=理想の状態)を表している。

会社概要 Company overview

商  号 日立綜合防災株式会社
英文商号 Hitachi Synthetic Disaster Prevention Co.,Ltd
設  立 1967年 2月 7日
資 本 金 2,200万円
代 表 者 代表取締役社長  瀬谷雄一
本社所在地
本社 / 管理センター
〒319-1111 茨城県那珂郡東海村舟石川644-14
Tel:029-282-2811 / Fax:029-282-0984
E-mail:main@hitachisougobousai.jp
支店/営業所
水戸営業所
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町971
コンモート荒谷102号
Tel:029-284-1260
Fax:029-284-1261
日立営業所
〒317-0062
茨城県日立市平和町2-6-2
Tel:0294-21-3422
Fax:0294-21-3423

那珂営業所
〒311-0106
茨城県那珂郡那珂町杉1127
Tel:029-295-1119
Fax:029-295-8739
事業内容
電気通信 / 電気設備の設計・施工・保守点検
放送・音響AV・音声ネットワーク / LAN・電話・TV・インターホン
ナースコール・電気錠・入退室管理 / セキュリティ(防犯・監視カメラ)等

消防防災設備の設計・工事・保守点検
警報設備(自動火災報知設備等)/ 消火設備(スプリンクラー設備等)
避難設備(避難器具・誘導灯等)/ 消火器、災害対策備蓄品の販売
消防用機械器具・安全衛生器具の販売等

省エネシステムの設計・工事
エコシルフィ(室内環境改善型システム)

健康機器・健康補助食品の販売
活水器・ミネラルウォーター剤等の販売
許  可 一般建設業(茨城県知事・般-29)第3409号
電気工事業 / 電気通信工事業 / 消防施設工事業
主要取引先 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(東海・那珂・大洗)及び関係施設/国・茨城県及び県内市町村 /(株)日立製作所各事業所及び関連会社
日立化成(株)各事業所及び関連会社 / 社会福祉施設・医療機関・工場・商業施設・ホテル・学校・事務所他多数
主要関係会社 能美防災(株)/ ニッタン(株)/日本ドライケミカル(株)
ヤマトプロテック(株)/日信防災(株)/モリタ/宮田工業(株)/
(株)初田製作所/TOA(株)/ パナソニックシステムソリューションズ
ジャパン(株)/オリロー(株)/(株)オンロード

会社沿革 Company history

昭和42年02月 【会社設立】日立市神峰町1-10-3 に資本金100万円で設立する。
代表に瀬谷政雄が就任。
昭和51年10月 【本社移転】日立市鮎川町2-7-1 に本店を移転する。
昭和53年02月 【増資】資本金を300万円に増資する。
昭和56年04月 【営業所開設】那珂市杉1127 に那珂営業所を開設する。

昭和59年07月

【分室開設】那珂郡東海村舟石川644-14に東海分室を開設する。
昭和63年06月 初代代表 瀬谷政雄(享年74歳)逝去。
第二代 代表取締役に瀬谷利雄 就任。
平成元年03月 【増資】資本金を500万円に増資する。
平成04年11月 【増資】資本金を1,000万円に増資する。
平成06年09月 【本社移転】日立市中丸町1-21-7 に本店を移転する。
平成08年03月 【営業所開設】北茨城市中郷町松井1086に北茨城営業所を開設する。
平成12年07月 【本社移転】那珂郡東海村舟石川644-14に本店を移転する。
【営業所開設】日立市平和町2-6-2に日立営業所を開設する。
平成14年02月 【営業所開設】水戸市城東3-1-14に水戸営業所を開設する。
平成21年07月 【会社合併】防災センター株式会社と合併する。
【支店開設】茨城県水戸市城東3-1-14に水戸支店を開設する。
平成21年11月 【増資】資本金を2,200万円に増資する。
平成25年11月 【叙勲】代表取締役 瀬谷利雄 黄綬褒章受章
平成29年02月 【周年】会社創立50周年を迎える。
平成30年12月 取締役会長に瀬谷利雄 就任。
第三代 代表取締役に瀬谷雄一 就任。

日立綜合防災イメージ

アクセスマップ Access map

  • 本社/管理センター MAP
  • 〒319-1111 茨城県那珂郡東海村舟石川644-14

  • Tel:029-282-2811
  • Fax:029-282-0984
  • E-mail:main@hitachisougobousai.jp
  • 水戸営業所
  • 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町971 コンモート荒谷102号

  • Tel:029-284-1260
  • Fax:029-284-1261
  • 水戸支店MAP
  • 日立営業所
  • 〒317-0062 茨城県日立市平和町2-6-2

  • Tel:0294-21-3422
  • Fax:0294-21-3423
  • 日立営業所MAP
  • 那珂営業所
  • 〒311-0106 茨城県那珂郡那珂町杉1127

  • Tel:029-295-1119
  • Fax:029-295-8739
  • 那珂営業所MAP

プライバシーポリシー Privacy policy

個人情報保護方針

当サイト(日立綜合防災株式会社)は、事業運営上必要な個人情報の取扱いにあたって、当社倫理綱領に基づいて本方針を定め、個人情報管理体制を確立し、企業として責任ある対応を実現するものとします。

  • 個人情報の利用の目的をできる限り特定し、当該目的の達成に必要な範囲内で適切に取扱います。
  • 個人情報は、本人の同意なく第三者に提供しません。
  • 個人情報の管理にあたっては、漏洩・滅失・毀損の防止その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるよう努めます。
  • 個人情報の取扱いにあたっては、その情報を提供した本人が適切に関与し得るよう努め、可能な限り正確かつ最新の内容に保つよう努力します。
  • 個人情報保護に関する法令を遵守し、また個人情報保護に関する社内規程を定め、継続的な見直しを行い遵守します。

トップ